輪(わ)の説明 | 趣味のコスプレ衣装小部屋 でぃあこす

無料型紙&作り方 でぃあこす

輪(わ)の説明

洋裁の専門用語でよく目にする「わ」ですが、漢字で「輪」と書きます。

よく作り方や型紙に書かれている「わで取る」というのは、布地を二つに折り曲げ、出来た折り線に型紙をあわせてカットするということなのですが、いまいち文章を読んでも初心者の方はピンと来ない方が多いと思います。

私がUPしている型紙でも書かれている輪(わ)の説明と記載している部分ですね。(*^▽^*)

今回はそんな基礎の基礎、「わ」をご説明いたします。

輪(わ)の説明

まずは布地を用意します。

左端の耳がある方、赤い点線が「たて地(地の目)」です。

青い点線は「横地」となります。

「たて地」がほとんど伸びないのに対して「横地」は布地にもよりますが、伸縮性があります。

どちらか分からない布は引っ張ってみるといいでしょう。

伸びないほうが「地の目」です。




スポンサードリンク




輪(わ)の説明

型紙のサイズに合わせて、布を二つに折ります。

輪(わ)の説明

側面から見てみましょう。折って出来た線が「わ」です。

輪(わ)の説明

ではこの型紙を使って布を裁断します。

右端に大きく「わ」と書かれています。

輪(わ)の説明

地の目は「わ」に沿って通っています。




スポンサードリンク




輪(わ)の説明

折り曲げて出来た線に、型紙の「わ」の部分をぴったり合わせます。

輪(わ)の説明

「わ」を合わせられたら、型紙をすべてまち針で留めます。

輪(わ)の説明

鋏でカットしましょう。

輪(わ)の説明

切り終わったらまち針を外しますが、仕付けが必要な場合はこの時に仕付けをしてしまいます。

仕付け?と思われる方は ⇒ 切仕付けの仕方(ダーツ・ボタン位置の仕付け) を参照してください。



輪(わ)の説明

型紙を取りました。

輪(わ)の説明

「わ」で取った布は、当然ですが広げると左右対称のシンメトリーになっています。

型紙自身を「わ」で作る利点は左右対称の物は半分切るだけで済む点、型紙も半分の大きさで済む点、仕付けを左右同時につけられる点です。

さぁ今日は何を作ろうか!(☆-☆)無料型紙&作り方 のページへ移動して型紙を探そう!ヽ|・ω・|ゞ

スポンサードリンク