ロックミシンについて | 趣味のコスプレ衣装小部屋 でぃあこす

無料型紙&作り方 でぃあこす




スポンサードリンク








ロックミシンについて

ロックミシンとは、生地の端を処理したり、

ギャザーを入れたり、巻きロックをしたり、生地を詰めたり、伸ばしたり・・・・

とにかく、色々できるのであるとかなり重宝します。(^-^*)

普通に衣装を作って自分で着るだけなら普通のミシンでも簡単な端処理ができますが、

それでも生地によっては端処理がしにくかったり、

解れたりして残念な仕上がりになることもあると思います。

でもロックミシンがあれば、端の解れをカットしながらロックをかけたりできるのでとてもお勧めです。

3本ロックと4本ロックの2種類がありますが私は仕上がりの綺麗さに引かれて4本ロックを使用しています。

でも実は3本ロックでも問題はありません。( ̄▽ ̄;A

むしろ購入する糸の本数が単純に1本少なくなる3本ロックミシンのほうが実は重宝しそうです。(-_-;)

メインは端処理での使用となるので、通常のミシンに慣れて、少し仕上げをもっと綺麗にとお考えの際に、購入を考えればいいと思います。

ただTシャツなどはミシン無しでロックミシンだけで簡単に作れるので結構重宝します。





スポンサードリンク








私が使用している物しかレビューは書けませんが、ここでご紹介したいと思います。

ベビーロック2本針4本糸ロックミシンアーチザン630

最近購入した機種です。安価な機種の割りに『こいつ・・・動くぞ!』(;`・ω・)と思わせる機種です。通常使う分には十分すぎるほどの機能です。通常の生地には特に問題なく、縫い目も綺麗です。針を差し込み際のレンチ部分がかなりチープで驚きましたが、使用には特に問題ありませんでした。衣縫人と比べるとパワーがない分、厚手の生地を高速でロックをかけると目飛びしやすい感じでした。針は通常のミシン針なので衣縫人と違って別にそろえる必要もなくいい感じでした。専用のアタッチメントが少し使いにくく、糸調子もかなりアバウトな印象があります。でもギャザーに関しては衣縫人よりも綺麗に入ります。薄手の生地がかなり苦手な部類に入りそうです。デメリットメインに書きましたがこの価格でここまで出来るアーチザンはコストパフォーマンスに優れた商品であると思います。ただ、一生物をとお考えの場合は私は間違いなく衣縫人をお勧めします。

ジューキ2本針4本糸ロックミシン衣縫人

色々と触ってきましたが、文句のつけようのない!ほぼ完璧と言って良いくらいのロックミシンです。私が10年以上凄くハードに使用していますが、使いすぎでスイッチ部分が少し故障した以外に、大きな故障もなく、今でも縫い目綺麗、目飛びしない最高の機種です。スイッチが故障したときはミシン屋さんにどれだけ使ったらこうなるの?と驚きの声を頂きました。( ̄▽ ̄;A 完璧なのか本当に10年以上形はまったく変わっていません。しかもミシン屋さん曰く完全な日本製!1回買ったらメンテさえしていれば1生使えるし、絶対お勧めとの事でした。糸を空気のレバーで送る構造はもう見事としか言いようがなく、少し金額がお高いのと、交換部品である替え刃が少し高いですが・・・それでも買って損はない機種です。糸調子はどんな機種でも初心者の方には難しいかもしれませんが、綺麗にあうと薄い生地でも綺麗にロックが当てられます。上位ランクに糸取物語がありますが、こちらも間違いない完成度なので、ご予算に余裕がある場合はお勧めです。

ジューキ2本針4本糸ロックミシン 糸取物語

こちらは予算が合えば欲しい機種ですね( 〃∇〃)

さぁ今日は何を作ろうか!(☆-☆)無料型紙&作り方 のページへ移動して型紙を探そう!ヽ|・ω・|ゞ

スポンサードリンク